2018年2月20日火曜日

2月20日(火)

平成30年2月20日 晴れ 参加者2名
大雪の後に、二夜続けての 春一番と言えば美しい響きですが、建物が揺れる風でした。
佐潟近くの田圃も雪が少なくなり、採餌が出来なかったハクチョウ達が見張りを付けず
無心に採餌している姿がここ数日見られるようになり 一般市民からも近ずいても
警戒していないと情報を頂く日々でした、大雪の影響でしょうか、例年ならこの時期
潟は北帰がほぼ終わり 数羽のハクチョウが立ち寄る程度です、今季は6000羽超の
ハクチョウ達がいます。風のお蔭でしょうか、佐潟周辺だけが田圃の雪解けで、離れて
いる田圃は雪の中のようです。  嬉しい報告、ミソサザイが地鳴きから囀りになって
いるようです、ひょっとしてあの名調子が佐潟で聞けるかな 愉しみです。


確認鳥種31種
ダイサギ、アオサギ、マガン、ヒシクイ、オオハクチョウ、コハクチョウ、マガモ、
コガモ、トモエガモ、オナガガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、トビ、ノスリ、チュウヒ
オオバン、キジバト、コゲラ、モズ、ミソサザイ、シロハラ、ツグミ、シジュウカラ、
アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、、ウソ、ムクドリ、ミヤマガラス、
ハシボソガラス、ハシブトガラス。

採餌中、近寄っても食事中 ウソ

春近し柳の新芽

ダイサギとコウノトリ 2/16撮影

コハクチョウ 2/18撮影

ベニマシコ 2/19撮影

雪の上にと期待するも残念 ベニマシコ

2018年2月16日金曜日

2月13日(火)

平成30年2月13日 今朝も雪
佐潟はぶぶん結氷していますが、採餌場 田圃は雪の下、採餌が出来ません
殆どのハクチョウは佐潟の氷の上です。近くの田圃に出掛けてみてもハクチョウ
の姿を確認できません、除雪した道路にはホオジロ、ムクドリ、キジバトの姿が、
雪の少ない畦道にミヤマガラスがいました。
北帰直前、採餌が出来ていないと体力が心配ですね、がんばれハクチョウ!
  本日も確認鳥種ありません。


タゲリ一羽

マガンとヒシクイ

マガンとヒシクイ、ミヤマガラス

ツグミの餌取り

2018年2月10日土曜日

2月6日(火)

平成30年2月6日

新潟・佐潟も大雪の毎日です、2月4日付の 毎日新聞新潟版で佐潟にハクチョウが
8000羽超えの記事、写真が紹介されていました。定期観察もままならず ここ
数日の写真報告を致します、凍結している湖面をスコープから覗くと、黒いものが
沢山みられました、その先には、多くのヒシクイが羽を休めています、
ヒシクイ達の排泄物のようです、大雪で採餌が難しいようですが取り敢えず
一安心かな?  ぼちぼち北帰が始まる頃ですが、今季はどうなることか心配です。

コチョウゲンボウ

ヒシクイ

ヒシクイの群れ

ヒシクイの飛び出し

2018年1月21日日曜日

1月21日(日)

平成30年1月21日 晴れ 参加者2名
1月11日から12日にかけての大雪、100センチメートル超えの雪も 風、雨で
少なくなりましたが、重さに耐えられず大きな木があちらこちらで折れています。
遊歩道脇の竹も雪の重みでまがったようですが、西区建設課、専門業者の皆さんの
ご努力で歩けるようになっています。 湖面にはハクチョウ達が7000羽前後
湖面に浮かんだり、氷の上で休んでいます、葭原は雪の重みで倒れており佐潟の
景色が一変しています。大寒も過ぎれば(本日大寒)小鳥達も賑やかになる事を
期待したいですね。


確認鳥種42
カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガン、ヒシクイ、オオハクチョウ、
コハクチョウ、マガモ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、
カワアイサ、トビ、オオタカ、ノスリ、チュウヒ、ハヤブサ、キジ、オオバン、アカゲラ、
ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、
ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、ウソ、シメ、スズメ、ムクドリ、
ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス。

ウソ

ハヤブサ

一斉に飛び立ったハクチョウ



竹伐採後

1月16日(火)

平成30年1月16日 晴れ 参加者3名
新潟市が大雪、雪国県とは言え海岸地域で80センチメートル超え、地元古老に聞いても
記憶にないとか、交通渋滞が市内各地で発生しております、佐潟のある地域も同様です。
こんな時に珍鳥が、との期待を抱き鳥探し開始、しかし木道と葭原の境目が不明?
足元に気配り無、空を観察していたところで片足が木道から外れ。。。(ご想像ください)
水鳥達は氷の上、タゲリも氷の上、元気よく飛び交っているのはミコアイサ、葦に
上手に乗っているのはカワセミ、水辺にいるのはタシギ、南に帰れなかった?ゴイサギ
は木道の下、ミソサザイも木道下にいます。何時もなら30分もかからない距離が90分
雪が多く歩くのが困難な為、途中で引き返ししました。かんじき、スノーシューがあれば。

確認鳥種35種
カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガン、ヒシクイ、
オオハクチョウ、コハクチョウ、マガモ、コガモ、オナガガモ、ミコアイサ、トビ、
オオタカ、ハヤブサ、タゲリ、タシギ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、ヒヨドリ、
セグロセキレイ、モズ、ミソサザイ、ツグミ、シジュウカラ、アオジ、スズメ、
ムクドリ、オナガ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス。、
 
オオタカ

キジバト

アオジ

タゲリ

コサギ どこにいるかな

ダイサギ ここにいるよ

2018年1月7日日曜日

1月7日(日)

平成30年1月7日 七草 晴れ 参加者2名
コウノトリ・キズナ君が今年も佐潟で年越ししてくれました、地元住民から近くに
キズナのお嫁さん候補が居ないのかと 話題になっています、山形にいたのが、
秋田から愛知に?移動したようで、残る希望は大陸から飛来を待つしかないと
大きな初夢をキズナから頂きました。期待したいですね。
ハクチョウ達がでかけるまでは、ヨシハラ待機かな?オシドリ♂も同じような行動。
マガン25~30羽も佐潟で年越ししたようです、来季も子ずれで多く来てくれるのを
期待したいですね。本日の鳥見、小鳥たちの姿が少ないのか、朝寝坊なのか、姿を
見せてくれない早朝でした。

確認鳥種39種
カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガン、
ヒシクイ、オオハクチョウ、コハクチョウ、オシドリ、マガモ、コガモ、オナガガモ、
ハシビロガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、トビ、オオタカ、チュウヒ、キジ、オオバン、
キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、
シジュウカラ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、ムクドリ、スズメ、
ハシボソガラス、ハシブトガラス、コウノトリ。

マガン

カシラダカ

コウノトリ

2018年1月2日火曜日

1月2日(火)

平成30年1月2日(火)
あけましておめでとうございます。
今年もブログをよろしくお願いいたします。

青空が見える1月2日の朝。
湖面をわたって吹く風は冷たく頬がこわばる感じです。
水面はたくさんのコガモ、マガモ、その間にコハクチョウ、オオハクチョウ。
ハシビロガモ、ミコアイサの姿も見えます。コウノトリも元気で採餌。
シジュウカラ、オオジュリン、ヒヨドリ、アカゲラの姿は見かけるものの、
その他の小鳥の声や姿の少ない静かな鳥見のスタートでした。
後半になって、日差しが強くなると共にエナガ、ツグミ、シロハラ、ホオジロ、
畑にはキジ、上空にはトビ・・こんな日は貴重な猛禽類です。

今年は静かな始まりでした。

確認鳥種29種
カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガン、ヒシクイ、オオハクチョウ、コハクチョウ、
マガモ、コガモ、ハシビロガモ、ミコアイサ、トビ、キジ、キジバト、アカゲラ、
ヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、オオジュリン、
シメ、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、
コウノトリ。

コハクチョウ 12月29日

コハクチョウ 12月29日

マガンとコハクチョウ 12月31日

1月2日の佐潟

アオサギ

コウノトリ

ホオジロ

トビ 悠々

畑のキジ