2018年4月17日火曜日

4月17日(火)

平成30年4月17日 (火)曇り、晴れ 参加者4名
4月14日(土)15日(日)両日で、佐潟周辺各地で春祭りが行われましたが、
あいにくの荒天でしたが開催されたようです、佐潟のソメイヨシノは荒天に負けず
可憐な花を咲かせています、荒天を期待すると言うことではありませんが、南風に
流されてくる珍鳥に期待した探鳥でした、ルリビタキ、エゾムシクイ、センダイ
ムシクイと少し早いようですが確認できました、更にコアオアシシギらしき5~6羽
を確認観察するも枯れアシに紛れ確定確認ができません、飛翔中の鳴き声と背中の
色、お腹の色でコアオアシシギではないか???となりました。

確認鳥種43種
カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、
ヨシガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオタカ、
キジ、オオバン、キジバト、アカゲラ、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、モズ、
ミソサザイ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ノビタキ、ツグミ、ウグイス、エゾムシクイ、
センダイムシクイ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、
オオジュリン、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス。

4/12キセキレイ 4/10.4/13サンショウクイ

ジョウビタキ その目線の先に彼女が!

ジョウビタキ 可愛い彼女でした。

ルリビタキ 朝、佐潟に来たよ~。

ルリビタキ どの虫食べようかな?

オオタカ

コゲラ 木の粉が舞っています

2018年4月10日火曜日

4月10日(火)

平成30年4月10日 火曜日 晴れ 参加者3名
本日は反省を込めて、慣れの勘違いを、恥ずかしながら報告します。
モズを多く確認しており、参加者からモズと現場で報告、おかしいなと確認、なんとノビタキの女の子でした、近くに男の子もいました。更にアオジが多く薄暗い足元先5~8メートル先に慣れの怖さか!アオジとコール、違うよ~アトリだよ~と訂正がメンバーからの声がかかり確認、アトリでした。秋に初認できず固定観念が間違いでした。
アオジが囀りを始めました、遠くからクロツグミらしき鳴き声が聞こえるようですが、まだまだ上手く歌えていないようです、姿の確認も出来ていません、早く会いたい
な!
探鳥、1羽毎、丁寧に観察が基本、珍鳥発見の第1歩にしたいですね。

確認鳥種41種
カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、
ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、トビ、ノスリ、
ハヤブサ、キジ、オオバン、キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、
ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ノビタキ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、
ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、アトリ、カワラヒワ、スズメ、オナガ、
ハシボソガラス、ハシブトガラス。

モズ? ノビタキ女の子でした

ノビタキ奥にはオオハクチョウ

カシラダカ

アオジ? アトリだよ~

子育て中、尾羽が! エナガ

2018年4月3日火曜日

4月3日(火)

平成30年4月3日 火曜日 晴れ 参加者3名
今日の佐潟は冬、夏鳥が混在、早朝にミヤマガラスの大群が上空を独特な鳴き声を出し
通過していきます、遊歩道ではジョウビタキ、ウグイス、アオジ、カシラダカそして
オオジュリンが乱舞しています、潟の水場ではアズマヒキガエルの恋の季節(いいな~)
枯れアシの間からクイナ 観察が終わるころに猛禽2種、これでもかとベニマシコが
姿を見せてくれた鳥見でした。       

確認鳥種46種
カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、
コガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、ミコアイサ、トビ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、
チュウヒ、ハヤブサ、キジ、クイナ、オオバン、イソシギ、キジバト、アカゲラ、コゲラ、
ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ノビタキ、ツグミ、
ウグイス、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、
カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、
ハシブトガラス。


クイナ

クイナ

ジョウビタキ

ウグイス

コブシ

ホトケノザ

タンポポ

アズマヒキガエル

2018年4月2日月曜日

4月1日(日)

平成30年4月1日 日曜日 晴れ 参加者2名
来ましたよ~。ツバメ3月29日
もう一つ来たよ、ノビタキ 本日4月1日 更に北上するんだね無事を祈りたいですね。
ここ数日、アズマヒキガエルの動きがか活発です、上潟数か所から鳴き声が聞こえます。
桜のつぼみが膨らみここ数日で開花かな、日当たりのよい赤塚中学校側で咲き始めました
メジロと桜、ヒヨドリと桜、期待したいのはコムクドリかな? 早く来ないかな。。。。。

確認鳥種35
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ダイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、
ミコアイサ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジ、オオバン、キジバト、アカゲラ、
コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ノビタキ、ツグミ、ウグイス、
エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、
スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス。

3/29撮影 オカヨシガモ

枯れ蒲とオオジュリン

この時期しか会えないアズマヒキガエル

ノビタキ 遠くてアップに耐えられませんが


2018年3月27日火曜日

3月27日(火)

平成30年3月27日 火曜日 晴れ 参加者3名
春ですね、ジョウビタキが羽をゆらしてここに居るよと教えてくれます、負けじと
アオジ、カシラダカが姿を見せてくれます、梢からホオジロの合唱が、カワラヒワの
音楽会が、大空からヒバリの囀り、負けじとウグイスの名調子が聞こえます。
足元に土筆の顔が、上潟ではアズマヒキガエルが鳴いています 春なんですね、
センタースコープの中にシマアジの姿が確認できました。ハクチョウ達は北上途中で
ここ数日、数羽ずつ立ち寄っていきます(    3/26 6羽、本日2羽)。ツバメいつかな?

確認鳥種
カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガン、コハクチヨウ、
マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、シマアジ、ハシビロガモ、
ホシハジロ、ミコアイサ、ミサゴ、トビ、ノスリ、キジ、オオバン、キジバト、アカゲラ、
コゲラ、ヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ミソサザイ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、
エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、
スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス。

/26撮影 ミヤマガラス 近くの田圃にて

/26撮影 コハクチョウ

もうすぐお別れ ツグミ

カンムリカイツブリ

つくし

遊歩道に咲く梅の花

ソメイヨシノではありませんが、桜の花

佐潟の畔で咲いています 八重桜の種類かな

2018年3月21日水曜日

3月20日(火)

平成30年3月20日 火曜日 曇りのち晴れ 参加者4名

ここ数日の話題です、鳥見の性でしょうか、湖面に白い水鳥が居ます この時期期待
ハクガンでは、アルビノのマガンではと 会話が弾みます その主は近くに流れる西
川、やすらぎ公園から遠征している アヒルです。センターのスコープで確認、がっかり
笑い顔での会話で アヒルを見ています。
早朝鳥見は、春とは言え、まだまだ寒い 防寒対策を忘れずにお出掛け下さい。

確認鳥種43種
カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガン、マガモ、
カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、
カワアイサ、キンクロハジロ、トビ、チュウヒ、キジ、オオバン、キジバト、アカゲラ、
コゲラ、ヒバリ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、
シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、オオジュリン、カワラヒワ、ウソ、シメ、スズメ、
ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス。  アヒル。

カンムリカイツブリ

チュウヒ

枯れ蒲

ヤブツバキ

サザンカ

2018年3月18日日曜日

3月18日(日)

平成30年3月18日 日曜日 晴れ 参加者2名
佐潟に出掛ける前に、車窓についた氷を溶かしてからのスタート、寒い朝でした。
ハクチョウ達がいなくなった頃に、エナガの子育てが始まります、巣材を運び終える
最終仕上げは、産座にハクチョウが残してくれた羽毛を敷き詰めるようです。
佐潟で数か所で子育て、メジロ押しの姿が見られるのが愉しみかな?
3月15日居残りオオハクチョウ幼鳥は、同日飛来したオオハクチョウ10羽と共に
飛び去っていきました。   佐潟へ帰還、カンムリカイツブリ2羽となりました。

確認鳥種33種
カンムリカイツブリ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、
ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、トビ、ノスリ、チュウヒ、
キジ、オオバン、キジバト、アカゲラ、コゲラ、ヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、
ウグイス、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、オオジュリン、カワラヒワ、ウソ、スズメ、
ハシボソガラス、ハシブトガラス。

亜種ダイサギ集合、大陸へ移動かな? 3/15撮影

水に映る姿見ているのかな?  3/15撮影

オオジュリン頭が黒くなりました 3/15撮影

オオハクチョウ10羽飛来 3/15撮影

居残りオオハクチョウとアヒル 3/14